Macchin Weblog

<< 2024/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 焼き肉 | main | 友人の三回忌 >>

Softbank3Gの代替手段

今のところ行動範囲でiPhoneが使えないのは通勤中のごくわずかなエリアのみ。
それほど困っているわけではない。ただ,iPadが思いの外使えるので,
出先で使いたいと思う場面も予想される。これまで,b-mobile3Gとcovia CMR-250の
組み合わせで使っていた。iPhoneを導入するまでは。それからb-mobile3GとcoviaのモバイルルータCMR-250の出番は激減した。鞄の中にも入れなくなった。
しかし,iPadを購入してから,また活躍の機会を与えてやろうと思っている。
iPadは家の中だけで使う予定だったが,かなり使えるので,車の中の待ち時間や
地図の確認等の用途が考えられる。そこで,前述の機器の登場となる。
しかし,b-mobile3Gは最低単位の50時間をチャージするための金額が12800円かかる。
さらに,これを200日で使い切らなければ損になる。残念ながら,今の使い方では,
使い切ることはできない。実際に最初に買った150時間のうち90時間残ってしまった。
その次に買った50時間も30時間くらい残ってしまった。あまりにもロスが大きい。
UQ WIMAXやEMOBILEなどは一日や一時間からのコースがあり,こうしたプランが
選べればいいが,エリアが今ひとつ。自宅と勤務先付近ではUQもEMOBILEもエリア外。
b-mobile3Gのメリットはドコモの通信網を活用するので,ドコモの電波が届く場所なら
どこでも通信可能なのだが,いかんせん無駄が多いということで,新たに候補として
上がったのが,同じく日本通信のDoccica(ドッチーカ)。怪しげな名前だが,
1000円単位でチャージして,通信時間は100分。有効期間は100日。さらに
有効期間延長プランというものがある。300円で30日伸ばせるというもの。
b-mobile3Gにこのプランがあれば一番いいのだが,このDoccicaが初期投資が低く,
導入しやすいだろう。なんでDoccicaにしなかったのだろうと考えてみると,
結局,そのときにはb-mobile3Gしか選択肢がなかったのだ。日本通信に有償でいいから
期限延長プランをお願いしたいところだ。でも,我慢できずに買ってしまうんだろうな。
要はいつのタイミングになるか。ただそれだけ。
comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks