Macchin Weblog

<< 2022/01 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最終の詰めと連絡調整 | main | 交流1日目 >>

気づくことと思いやり

よかれと思ってやっていることでも逆に取られてしまうこともある。
相手が気分を害したのならこちらも非ありと感じるべきだろう。
だが,こちらにもがんばってきたという自負があるので譲れない部分だってある。
でも,そこから学ぶべき事は,自分が逆の立場になった時,どれだけ相手の
がんばりを見ることができるか。
それに気づかないと自分が相手の気分を害することになる。
普段から自分と関わる人の動きをよく見て,思いやりのある言葉かけをしていこうと思う。
comments (2) | trackbacks (0)

Comments

r_mさん,コメントありがとうございます。私も今回いろんな事をやってみて,人に世話になったこと,自分ががんばったことが見えてきましたので,別の時にそうした人の動きに敏感になって,お礼を言ったり,励ましたり,手伝ったりしていきたいと思っています。それが今回学んだ「よかれと思うこと」でした。
Macchin | 2009/02/02 05:09
  そうですよね。 一番怖いのは、思うような結果が得られなかった時に、「やるんじゃなかった…」と、挑戦の意欲をなくしてしまうことかと。
 ともかく、『よかれと思うこと』をどんどんやってみるしかないですね! →その実行力を失いつつある年寄りとして、切にそう思います。 オソマツ!!  
r_m | 2009/02/01 01:44

Comment Form

Trackbacks